研究紹介

限りある資源の有効利用や代替資源の創製は現在の人類に託された大きな課題です。これまでに見出されていない第3周期以降の高周期元素から成る有機化合物の機能の解明は,創薬を目指した物づくりの化学(有機化学etc)の分野に有用な情報を提供すると考え,下記のテーマに取組んでいます.

主要研究テーマ

★新しい有機合成試薬を作る

研究写真3_copy

アンチモンやビスマスから成る超原子価化合物の創製と有機合成試薬としての活用

★光る分子を作る

蛍光_copy_copy

高機能材料(バイオマーカー・有機EL・太陽電池)を指向した典型高周期元素を含む新規複素環化合物の合成と物性評価

★生物活性を持った有機金属化合物を作る

細胞写真2_copy_copy

ケミカルバイオロジーに立脚した高周期金属ライブラリーの創製と生物活性(抗腫瘍活性・生体機能分子の高発現,高活性・抗菌活性)

★創薬,有機合成ならびに金属が関わる生物活性に関連する調査研究